給食を専門にサポートする ソフトム株式会社



2017.9.5 配信

初秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
本日のソフトム通信は「ソフトウェア導入の成功は導入時の栄養士様の関わり次
第」という事例をご紹介いたします。

当社は給食システムを開発提供して33年となります。提供開始当初はオフィスコ
ンピューターの時代で、栄養計算するにも何度もフロッピーディスクを交換しな
がら処理を行っていました。システムの立ち上げは今よりも大変で、全ての情報
(食材や料理のレシピなどの情報)を順序良く組み上げるように入力しなくては
ならず、半年、1年がかりでの立ち上げも珍しくありませんでした。

現在は目標に応じて、入力する順番やボリュームを変えたり、ある程度ルールに
のっとってデータを一括で変換できたりし、1~2か月もあれば献立入力や発注
書出力ができるようになりました。

しかし、どれだけ使いやすいシステムやサービスが開発されてもシステムの立ち
上げや運用には恒常的に”人力”が必要です。

目的達成のためにはシステム導入を決定した際に描いた青図をタスクに落とし、
スケジュールを立て、小さな目標をクリアしながら軌道に乗せる事が大切だと思
います。それには集中してシステムに係われる人員が必要です。

あるお客様では、導入決定と同時に調理現場に新しいパートタイマーの方を採用
され、栄養士はシステム構築に専念されました。「データを構築し、献立データ
や食材の情報を登録したら、手書きの作業が大幅に減り、作業時間が短縮された。
新人栄養士が入社しても今までのデータを引き継いで運用することができた」と
のご感想を頂戴しました。

担当栄養士様にとってもシステムの立ち上げの成功は大きな自信となり、ますま
す大きな戦力として活躍されることでしょう。
お客様が目標達成されるよう弊社顧客支援部は日々サポートしております。

・給食管理システム「ソフトメリット.NET」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmerit/

・給食管理WEBアプローチシステム「ソフトメリットスパイダー」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmeritspider/

・勤務表自動作成システム「勤務メリット(給食専用版)」
http://softom.co.jp/product/kinmumerit/

・販売管理システム「ランチエクスプレス」はこちら
http://softom.co.jp/product/lunchexpress/