給食を専門にサポートする ソフトム株式会社



2017.10.16配信

いつも大変お世話になっております。

今回のソフトム通信のテーマは、「クラウド」です。

数年前から「クラウド」という言葉を
よく聞くようになりましたが、人により若干の解釈の違いを
感じます。

この「クラウド」は略称であり、正式には
「クラウド・コンピューティング」もしくは
「クラウドサービス」と呼びます。

経産省ではクラウドを、
「共有化されたコンピュータリソース(サーバ、ストレージ、
アプリケーションなど)について、利用者の要求に応じて
適宜・適切に配分し、ネットワークを通じて提供することを
可能とする情報処理形態」
と定義しています。

有名なGmail(メールサービス)や
Dropbox(オンラインストレージ)は、
クラウドの一種になります。

ちなみにクラウドの語源は、Google元CEOの
エリック・シュミットさんが、2006年8月の会議の中で、
『「雲」のような、巨大なインターネット』という発言から
生まれたそうです。

当社給食管理システムにおける、クラウドのメリットとしては、
クライアントPC(ユーザ側PC)において…
①1台1台へのアプリインストールが不要
②PC自体が故障してもデータに影響がなく、
他PCで即運用再開が可能
③OSに左右されにくい 等々
業務の安定性を保つには最適な仕組みだと思います。

上記のご紹介にご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

・給食管理システム「ソフトメリット.NET」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmerit/

・給食管理WEBアプローチシステム「ソフトメリットスパイダー」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmeritspider/

・勤務表自動作成システム「勤務メリット(給食専用版)」
http://softom.co.jp/product/kinmumerit/

・販売管理システム「ランチエクスプレス」はこちら
http://softom.co.jp/product/lunchexpress/