給食を専門にサポートする ソフトム株式会社



2017.11.13 配信

いつも大変お世話になっております。

本日のソフトム通信は、
「食品表示基準」についてお話いたします。

「食品表示基準」とは、食品表示法に基づいて定められた
基準をさします。
食品表示法とは、「JAS法」「食品衛生法」「健康増進法」
の食品の表示に関する規定を統合した法律です。

2015年4月1日から施行されていて、2017年9月1日に
改正されました。

今回大きく改正された点としては、「全ての加工食品を対象
に原則重量割合1位の原料原産地(原産国)」の表示が義務
付けられました。(経過措置期間は2022年3月31日まで)

改正の目的は、原料原産地表示を商品選択に利用している
消費者は多いことから、「全ての加工食品」を対象に、
原料原産地表示を義務付けることは、消費者の利益に合致
しているためです。

この改正により、喫食者の「原産地」に対する意識が高まり、
給食、弁当事業に対しても喫食者からの使用された加工品に
対するお問い合わせがくる事も考えられるのではないでしょ
うか。

加工食品は原産国表示ですが、弊社ユーザー様においても
喫食者の安心を得るため、食品ごとに使用量の最も多い
原産地を表示するサービスを行っている事例や
食材に含まれている原材料の原産地表示の事例がございます。

<参考>
消費者庁HP:食品表示法等(法令及び一元化情報)
http://www.caa.go.jp/foods/index18.html

消費者庁HP:新たな加工食品の原料原産地表示制度について
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/country_of_origin/pdf/country_of_origin_171027_0003.pdf

・給食管理システム「ソフトメリット.NET」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmerit/

・給食管理WEBアプローチシステム「ソフトメリットスパイダー」はこちら
http://softom.co.jp/product/softmeritspider/

・勤務表自動作成システム「勤務メリット(給食専用版)」
http://softom.co.jp/product/kinmumerit/

・販売管理システム「ランチエクスプレス」はこちら
http://softom.co.jp/product/lunchexpress/