給食を専門にサポートする ソフトム株式会社



原価計算とシステム連携できる柔軟性

C社様は、社員食堂の運営管理している企業様です。当時はシステムを使用しておりませんでした。
社員食堂を改築するにあたり、システム導入を検討されておりました。

①他システムとの連携

Q.まず、今回切り替えをご検討されたきっかけをお教えください。

社員食堂の改築が決まり、その改築に合わせて、今まで手作業だった精算処理を
システム化するために、オートレジの導入を決めました。

導入するオートレジでは精算のみでなく、健康面を考えて
食べた食事の栄養価も表示できるシステムでした。

ただ、オートレジでは献立を立てることができないので、
オートレジへ献立データを飛ばすことができる給食システムの導入を検討いたしました。

給食システムメーカーさんを探しているところ
ソフトムさんではオートレジとの連携実績があるとお聞きし、
詳しい話を聞かせていただきました。

ソフトムさんのお話を聞いたところ、オートレジに限らず、
販売管理システムや電子カルテ、ラベラーなどとも連携実績があるとのこと。

システム自体が他システムとの連携を想定し、
柔軟な対応ができるようになってるそうですね。

②原価計算機能

Q.当社の給食システムをご覧になった時のご感想をお教えください。

各メニューごとに献立が作成しやすそうだな、というところももちろんありましたが、
一番印象に残ったのは、原価計算機能でした。

献立作成中に各料理・各食品の原価が確認できるのはシステムではないとできませんよね。
以前は、献立作成後に手計算してました。

原価率も表示されており食品変更や数量変更に合わせてリアルタイムで
計算されるのは魅力的ですね。

また、原価を指定して食品や料理を検索できるのも良いですね。

③システム以外の相談

Q.当社に決めていただいた理由をお聞かせください。

給食システムの相談だけでなく食事の提供方法やオートレジの運用方法など、
給食システム以外の相談にも載ってくれました。

長年給食システムを提供されていることもあり、様々な運用例をご紹介していただきました。
ソフトムの社員さんも、現場経験のある方だったので、分かりやすい紹介でした。

オートレジとの連携ができるというのはもちろんありましたが、
システム以外も相談できるのはソフトムさんの良いところですね。

取材後記
C社様は、社員食堂様へのシステム導入実績が多くを生かした、ご提案できたと思います。
また、システム以外のご相談もしていただけましたが、これは当社が長年給食システムを提供し続け、
数多くの企業様とお付き合いさせていただいたので、ご相談にお答えできたのだと思います。
C社様には、今後も喫食率アップを目的とした提案等を引き続き行っていきたいと考えております!